色々なカバーとして、本革ブックカバー 革小物の札幌革職人館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックカバーと聞くと、本を入れるだけとイメージされる方も多いのではないでしょうか。札幌革職人館のブックカバーはそれだけではないのです。
ノートや手帳のカバーとしてお使いいただいている方も実は多いんです。
今回はこちらのご紹介。

サイズは2サイズで、文庫本と新書本サイズ。
どちらも繋ぎ目のない、1枚革仕立ての本革ブックカバーです。

オイルドレザー仕様のブックカバーは、触っていただくだけで、エイジングを楽しめます。ブックカバーなので、本を読むたび、手で触っていただくたびに色が変化していき、外側と内側では色の変化の感じが違う、なんてこともあります。

裏側部分は革の裏面をそのまま活かした仕様です。
本に馴染んでくれる柔らかさもありますので、持った時にもフィット感があります。
もちろん厚みも感じられる革で、本をしっかりと守ってくれるので、読書家にはぜひ使っていただきたい一品です。

ブックカバーとして高級感もあり、シンプルで使いやすいのですが、今回おすすめしたいのは、本だけではなく、ノートや手帳にも使えるというポイントです。
実はこのブックカバー、特にすごいのが文庫本サイズなのですが、主な対応サイズを見てみると、
「コクヨA6ノート」「コクヨ A6ソフトリングノート」「紳士なノート A6」
「ほぼ日手帳 A6」「能率手帳NOLTY ハンディタイプ」「高橋手帳 ニューダイアリーミニ」「高橋手帳 ビジネス手帳1」etc…

これらは当店で試してみたところ、文庫本サイズでブックカバーに入れることが出来ました。

また、新書本サイズだと、
「コクヨ B6ノート」「ダイゴー B6ダイアリー」などを入れることが出来ました。

※上記はあくまで当店で試した、というものです。必ず入るというお約束は出来ません、予めご了承ください。

本だけではなく、日常で使うようなノートや手帳もカバーを付けると、いつもと違う雰囲気を楽しむことができます。少し味気ないノートや手帳も本革のカバーを付けるだけで、高級感あふれるものに早変わりです。
もちろんカバーが守ってくれるので、ノートを傷めることなく、長くお使いいただけるかと思います。

シンプルなデザインのブックカバーですので、色々なものに合わせやすく、無駄な装飾がないので、フォーマルなスタイルでも気軽にご使用いただけます。
お仕事用にもおすすめです。
ノートや手帳を入れて使うことのできるブックカバーはなかなか無いかと思います。人とかぶらないでお使いいただけます。

もちろん、ブックカバーとしても優れものです。
先程記載しましたように、文庫本サイズ、新書本サイズと2サイズあって、色々ご使用いただけます。
また、本を読む時に欠かせないしおりが本体に縫い付けてありますので、しおりを落としてしまうような心配もありません。
しおりもブックカバーと同じ本革仕様のものです。
ブックカバーを付けるだけで、読書の時間もさらに楽しくなります。

プレゼントとしても人気で、60代へのプレゼントにブックカバーを贈られる方が多いようです。還暦祝いだったり、退職祝いだったりにおすすめです。
今なら、父の日のプレゼント、というのもいいかもしれません。

男性なら、ダークブラウンやブラック。
女性なら明るい、ボルドーやブラウンはやはり人気です。

さらには、オリジナルの刻印サービスもありますので、自分だけのものとなります。刻印するだけで、一味違った自分オリジナルのものとして楽しめます。

ラッピングの時にも、オリジナルの箱に入りますので、贈った方にも大変喜ばれます。

自分用としても、高級感もあり、シンプルなブックカバー。日常アイテムとして取り入れてみませんか。

いかがでしたでしょうか。
機能面も最適、革もエイジングの楽しめるオイルドレザーのブックカバー。
ぜひプレゼント用としても自分用としても、お求めください。


札幌革職人館 ブックカバー 文庫本サイズ


札幌革職人館 ブックカバー 新書本サイズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*