通勤・通学におすすめの丈夫な革のパスケース 革小物の札幌革職人館

毎日通勤や通学で使用するパスケース。どんなものを使っていますか?
公共の乗り物を使う時、切符を買う方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの方が交通系ICカードを使っていますよね?

自動販売機やコンビニで、このICカード1つあればちょっとしたお買い物がすぐに出来きる、便利な世の中になりました。キャッシュレス決済が増えてきている今の時代、こういったICカードは日常で欠かせない物になってきましたよね。

このカードを持ち歩くのに必要なものがパスケースですが、みなさん、定期やICカードはどのように持ち歩いてますか?

パスケース使ってますか?

毎日通勤していると、改札を通る時にICカードをカードリーダーにタッチしている光景が目に入りますが、パスケースに入れている人、何にも入れずにカードのままの状態でタッチしている人、お財布ごとタッチしている人、カバンの底をタッチしている人など様々です。

中には、改札手前でカードまたは切符が見当たらず、一旦停止する人も。
ICカードは薄いので、そのままカバンやポケットに入れてしまうと、一気に存在感を無くしてしまい、見つからないと改札前で慌ててしまいますよね。

後ろの方にも迷惑がかかってしまうので、改札は出来るだけスムーズに通りたいものです。
そういった時におすすめしたいのがパスケースです!

改札を快適に通っていただくためにも、まずはパスケースに入っているとどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

パスケースを使うメリット・デリメット

メリット

ICカードは、その軽さと薄さが持ち歩きやすくて便利という反面、ふとポケットやカバンにしまった時に、しまった場所を忘れた時に見つけにくいという欠点があります。
そんな時、パスケースに入っていると、薄いながらも存在感があるので見つかりやすくなります。

そして、もっと出し入れを簡単にしたい方は、パスケースにストラップが付いているタイプがおすすめです。ストラップが付いていれば、カバンやズボンのベルトループに引っ掛けておくことも出来ますので、ある場所がすぐに分かるのはもちろん、落下防止にもなり、出し入れがとても便利になります。

又、ケースに入っているため、傷や汚れから守ってくれるというメリットもあります。
大事なものだからお財布に入れているという方もいらっしゃいますが、貴重品であるお財布を改札で出し入れしている様子は、なんとなく見ている側も少し心配になってしまいます。

大きなお財布を持っている方に限って、改札でお財布ごとタッチしている方が多いなという印象なので、単純にカバンやポケットからの出し入れが面倒そうだなと感じる事もあります。
その点、パスケースに入っていれば、小さなパスケースをサッとタッチしてサッとしまうというスマートな動作で改札を通れるので、カバンからの出し入れがとても楽になりますよね。

デメリット

普段からカバンを持ち歩かない方はお財布にICカード入れている方が多そうなので、パスケースを持つことによって物が二つに分かれてしまうという事が、少し不便に感じるかもしれません。

ただ、お財布の中にICカードを入れていると、万が一お財布を落としてしまった時に、同時にICカードも無くしてしまうという悲劇に見舞われるので、そこは注意が必要ですね。

この逆のパターンで、お財布とパスケースを別々に持っていたおかげで、お財布を落としてしまったけど家には帰れたという話は聞いたことがあるので、どちらかと言うとメリットの方が多そうですね。

パスケースを使うメリット・デメリットが分かったところで、ではどんなパスケース選んだらいいのかを見ていきましょう。

パスケースの選び方

パスケースを購入する際、何を基準に選んでいますか?素材、見た目のデザイン、ブランド、大きさ、収納枚数、に合わせて、等々、選ぶ基準も人によって様々です。

素材で選ぶ

パスケースとして売っている物の中には、100均で売っているような安価なプラスチックやビニール、ブランドメーカーが出しているような合皮や革の物まで、様々な素材があります。

プラスチックの素材ですと、全てが透明のケースという物もあるので、中に何が入っているのか一目瞭然でわかりやすいですよね。透明と言う特徴を活かして、たとえば好きなキャラクターや動物の写真を入れて、手作り感のある自分なりのオリジナルパスケースを作るのも、個性が出せていいかもしれませんね。


ビニールや合皮の物になると、元々かわいいデザインや柄がプリントされている事が多く、種類も多く出ているので、お気に入りが見つかりやすそうです。しかし、どんなに気に入ったパスケースでも、毎日持ち歩いて毎日カバンから出し入れする方にとって、パスケースの耐久性って気になりませんか?


プラスチックやビニール、合皮の商品というのは、耐久性という部分では、どうしても革と比べると劣ってしまう部分があります。たとえばプラスチックですと、細かい傷が付いて透明の部分が曇って見づらくなったり割れてしまったり、ビニールや合皮も、使っているうちに擦れたところや表面の部分が劣化して剥がれてしまったりします。

その剥がれた物がお財布など他の物に付いてしまって汚くなってしまったり、見栄えもボロボロになってしまうなど、ある程度の期間で素材が劣化してしまうという特徴があります。

その点革ですと、使っていて細かい傷が付いた場合は、指で擦ったり、メンテナンス用のオイルを塗って磨いて上げれば、ある程度の傷は消えてくれて、綺麗に修復できることが多いです。


そして、長く使えば使うだけ、革の表面は経年劣化ではなく経年変化をして、表面が剥離してくるということはなく、革らしい味わいが楽しめるようになって行きます。

毎日使う物だから、丈夫で長く使えるものを使いたい!という方には、革製のパスケースがおすすめですよ。

形・用途で選ぶ

パスケースと一言で言っても、形は1つではありません。
単パスケースや、二つ折りのパスケース、ストラップが付いていたり、小銭が入るものなどその方の使い方によって使い分けが出来るのもいいですよね。

一般的にパスケースと言って思い浮かぶデザインは、単パスケースと言う薄くシンプルなデザインの物で、カードポケットが1~3枚ついているタイプが多いかと思います。このデザインは、とにかくスリムで邪魔にならない。
電車や地下鉄などのカードを1~2枚だけ収納する方には、使いやすいデザインだと思います。

単パスケース 

更に、カードを2枚持っていて分けて持ちたい方は、二つ折りのパスケースがおすすめです。
免許証とICカードを一緒に持ち歩きたいという方もこの形を使っている方が多いです。

2つ折りになっているので、内側のポケットに定期や免許証を入れておけば、記載されている名前が外に見えなくて安心ですし、カードが抜けて落ちてしまわないかと心配な方にもおすすめです。

二つ折りのパスケース

そして、カードだけではなく、小銭入れにカードが入る角型のデザインの物もあります。
こちらは、普段持って歩く小銭入れにカードも一緒に入りますので、ICカードもいれられ、1つでまとめて持って歩けるという利点と、小銭入れなのでさほど場所も取らず持ち歩けるのがいいですよね。

角型のコインケースにお札が入っている


小銭入れと言っても、お札も畳めば入りますので、コンパクトなお財布として持ち歩けるのも便利ですね。

用途で分けて考えると、自分に合ったパスケースが明確になってきたんではないでしょうか?では、ここからは札幌革職人館オススメのパスケースをご紹介していきます。

札幌革職人館パスケースのご紹介

単パスケース

パスケースの裏表を並べて置いている

シンプルなデザインのパスケースです。
定番人気の形で、余計なデザインは一切なく、その代わりに革本来の良さが引き立ちます。

前にはカードを取り出したい時に指をスライドさせるための窓が1箇所、後ろはポケットが一つだけついています。
薄くて邪魔にならないサイズ感なので、胸ポケットやおしりのポケットに入れてもかさばりません。

パスケースを買おうと思っている方が最初に使うデザインとしておすすめです。

商品詳細はこちら

二つ折りパスケース

二つ折りのパスケースを重ねて置いている

ICカードを2枚入れたい方におすすめのデザインです。
当店では免許証入れという名前で販売していますが、実はパスケースで二つ折りのデザインを探している方にも人気のデザインなんです。

二つ折りのパスケースの中側と外側を開いて並べ中側にICカードが入っている

窓が1つ、ポケットが2つ付いていて、上下で違うICカードを入れてそのままタッチすれば改札を通れます。ICカードそのものが見えるような窓がついてないと、カードリーダーにタッチ出来ないんではないかと思われている方が結構多いんですが、革はそのままタッチしても通れますので安心してください。

商品詳細はこちら

もう1つ、コンパクト免許証入れという商品もございます。

二つ折りのパスケースの中側と外側を開いて上下に並べ中側にICカードが入っている

こちらは、窓が二つありますので、中に入っているものをハッキリ見て確認したい方におすすめです。免許証とICカードを入れる使い方もありますが、片方に家族やペットの写真を入れておきたいなんて方にもおすすめです。背面にも1つポケットが付いています。

初めにご紹介した免許証入れよりコンパクトなデザインになっているので、二つ折りでより薄いサイズの物をお探しの方にはこちらがおすすめです。

商品詳細はこちら

コインケースパスケース付き

パスケースコインケース付きを二つ横に並べて配置

小銭とICカードを一緒に持ち歩きたい方におすすめのデザインです。
こちらも、本来はコインケース免許証入れ付きとして販売しておりますが、免許証以外に、パスケースとして使いたいという方も多い商品です。

中を開けると3つに分かれたコインスペースがあります。
カード決済が多くてあまり大きなお財布は使わないという方は、この中に三つ折りにしたお札、カードが4~5枚、小銭を入れる事ができ、小さなお財布代わりで使用してる方も多いですよ。

角型のコインケースの中にお金とカードが入っている

外側にはICカードが入れられるポケットが付いてます。
こんなにコンパクトなお財布なら、ポケットに入れても邪魔にならなくていいですよね。女性の小さなバックにも、場所を取らず収納できます。

パスケースコインケース付きにICカードが入っている

革はオイルレザーを使用。

使う事に深くなる味わいとツヤが魅力的な革です。
そして、革の耐久性を上げてくれる、コバの処理も注目してください。

コバとは革の断面のことを言います。
このコバ部分は、幾重にも重ねられた革でしっかりとした厚みを作り、専用の塗料で何度も磨きあげるという、手間のかかる作業を行っています。
その作業を行うことによって、何年使ってもへたらない、丈夫な革製品が作られています。

商品詳細はこちら


もっと詳しく知りたい方
※こだわりのコバについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ
>> こだわりのコバ処理と総革仕様の革小物 革小物の札幌革職人館

一緒に使うと便利なアイテム

ストラップ

ネックストラップとショートストラップとロングストラップが並んでいる  

他の物をカバンから出そうとしたのに、うっかりパスケースも出てきて落としそうになってしまったって事ありませんか?
パスケースや小銭入れなど、小さな小物は無くしてしまいやすいアイテムの1つです。
そんな時に欠かせないのがストラップですよね!

紛失防止にはもちろんですが、サッと取り出したい時にカバンに付いていれば目印にもなります
長さは金具の部分も含めて、ショートストラップ24cm、ロングストラップ51cm、ネックストラップ42cmとありますので、お好みのデザインと長さで選んで下さいね。

リール

リール

こちらはリールタイプで、長さは欲しいんだけど伸ばさない時は短く収納しておきたい方に使いやすいデザインです。
先程ご紹介したストラップに取り付けて使うととても便利なアイテムですよ。

革のショートストラップ付きリール

アイクレバーカード

パスケースに2枚ICカードを入れたい方にオススメの、改札エラー防止カードです。
単パスケースの裏表どちらにもICカードを入れたいけれど、改札を通る時にどちらも反応してしまって困ってるという方におすすめです。

アイクレバーカード 改札エラー防止

2枚1組になっているこちらのカードは、ICカードの背中部分裏表にセットすると、どちらのカードもカードリーダーにタッチした方しか反応しなくなる優れものです!

パスケースの表側に改札エラー防止カード入れてる所

パスケースの裏側に改札エラー防止カード入れてる所

例えば3枚ICカードを持っている方は、二つ折りパスケースの片側を単パスケースと同じようにセットすれば、3枚独立した状態で使用することが出来ます。あると便利なカードですよ!

ギフトに嬉しいサービス

ネーム刻印サービス

ネットショップでは、対象商品にオリジナルの文字や名前を刻印することが出来る「ネーム刻印サービス」を、行っております。
ご自分用にはもちろん、入学・卒業のお祝いや、会社のイベントでの記念日など、世界で1つのオリジナルの品として、プレゼントとしても喜ばれますよ。

ギフトラッピング

プレゼントにピッタリなギフトラッピングも承っております。
時期によってイベントに合わせたラッピングも行っておりますので、ぜひ、ご利用ください。

まとめ

いかがでしたか?
自分にピッタリのパスケース見つかりましたでしょうか?

毎日使うものだから、長く使えて丈夫な革のパスケースがおすすめです!

・ICカードを1枚だけ入れる
・ICカードを2~3枚入れる
・パスケースにはストラップが必要かどうか
・ICカード以外にも小銭を入れられるデザインがいい

など、使う方次第で便利に使えるアイテムがありますので、ご希望にあったデザインを選んでください。

\ この記事を書いた人 /

革製品や衣類など、なんでも長く大切に持ちたいオーロラタウン店O

人によって、使いやすいパスケースの形は変わってきますよね。毎日使う物なので、自分にぴったりのデザインが見つかるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です