こだわりのコバ処理と総革仕様の革小物 革小物の札幌革職人館

札幌革職人館のこだわりポイントの一つと言えば、コバ処理です。
コバというのは、革の断面(切り口)のことを言います。このコバ処理が上手く丁寧に施されているかで、革製品の丈夫さが決まるとも言われます。
丁寧に施されていれば、断面から割れてきたり、ほつれたりする劣化もなく、丈夫に長く使うことができるのです。

札幌革職人館

コバ処理というものは、コバを滑らかに磨き、その部分にコバ専用の塗料を塗っていきます。これを何度も繰り返し行うことで、美しく丈夫なコバが完成します。
何度も行うという一つ手間をかけることで、長く使える革製品が出来上がります。革の断面を保護してくれますので、耐久性もあげることもできるのです。

長財布

その為にもコバ処理は丈夫な革製品を作るのに欠かせない作業です。これを疎かにしてしまうと、コバの塗料がはがれてめくれてしまったり、そこから革が割れてしまったりという劣化につながります。

名刺入れ

そのコバ処理を札幌革職人館では、とても丁寧に行っております。

当店の人気商品をみていただくとわかるように、こだわりを持って綺麗に丁寧に施されています。この為、札幌革職人館の革小物は十分に長く使うことができるのです。

メガネケース

もちろん革小物はオールレザー仕様で、革を重ね合わせて作っております。裏バリの部分も革であったり、仕切り部分も本革を使用しておりますので、丈夫なポイントです。写真のメガネケースはレンズの当たる内側にも本革を使用しておりますので、レンズを傷つけにくいという利点もあります。

オイルドレザーという、クロム鞣しの後にタンニン鞣しを施した、手間のかかるコンビネーション鞣しの革を使用しております。鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませ、筋やシワがそのまま表れた素上げとなっているので、使い込むほどに深みが増していきます。

二つ折り財布

このようにこだわりを持ったオイルドレザーを使った、総革仕様となっております。

たとえば、こちらの断面部分の写真。革と革の間に紙のような芯材を入れて作っているものを、長年使い込んだもの。
こういった作りのものは、長年使っていくと写真のように芯材が見えてきてしまうものもあります。
芯材とあわせて作っているものだと使い込む後に、擦れて芯材が見えてきてしまったり、コバ処理が甘いとコバの塗料が剥がれ落ちてしまうのです。

一度こうなってしまうと、芯材はもちろん革でさえ、ボロボロになってしまい、劣化してしまいます。耐久性も悪くなってしまうのですが、こういった革製品って実は多いんです。

キーケース

芯材部分や裏バリのみえない部分では、合皮を使っていたり…なんていうものもあります。しかし、札幌革職人館はこだわりのオールレザー仕様ですので、そんな心配もありません。
こちらの写真のキーケースは、裏バリ部分にも厚い革を合わせており、耐久性もあります。

4連キーケース

そして、こだわりのコバ処理もありますので、丈夫に長く使えるというわけです。

選ぶなら札幌革職人館が大変おすすめ。
どうせ使うなら、誰かにプレゼントを考えるなら、長く使えたほうがいいですよね。

プレゼントでしたら、専門のスタッフが心を込めて一つ一つラッピングいたします。きっと喜ばれる贈り物になりますよ。

札幌革職人館ではこういったこだわりの革小物がたくさんです。
オリジナル商品は今回紹介したオイルドレザー以外にも、イタリアンレザーのエルバマットを使用した革小物もございます。
今までに紹介した記事はもちろん、実際にオンラインショップも見てみてくださいね。

今回写真で載せた商品は以下のリンクより、ご覧ください。


札幌革職人館 ラウンドファスナー長財布


札幌革職人館 名刺入れ


札幌革職人館 メガネケース


札幌革職人館 二つ折り財布(コイン)


札幌革職人館 4連キーケース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です