革の専門家おすすめの財布ブランド17選!失敗しない革の選び方も紹介

革の財布が欲しいけど、どのブランドが良いのか迷っていませんか?

ヴィトンやグッチのような定番のハイブランドなら知っているものの、ハイブランドには手が出しにくいという人もいると思います。

実は革の財布にはハイブランドではなくても、デザイン性や機能性に優れたブランドがたくさんあります。

知る人ぞ知るブランドもあるので、持っているだけで「あいつわかっているな」と思われることも。

そこで、この記事では誰でも知っているハイブランドから知る人ぞ知るブランドまで幅広くご紹介していきます。

あなたの好みのブランドが見つかることを祈ってます。

人気の革財布ブランド17選

まずは、革製品のプロである私が選んだ人気の革財布ブランドを一挙公開します。

冒頭でもお伝えしたようにハイブランドもありますが、革製品に詳しい人だからこそ知っているブランドもあります。

ハイブランドの財布よりも安価で質の良いブランドもたくさんあるので、ぜひ財布購入の参考にしてください。

各ブランドごとに特徴などをまとめたので、興味のあるブランドがあればタップして詳細へ進んでください。

ブランド名価格帯特徴
HERZ10,000円~30,000円耐久性が高い
札幌革職人館10,000円~30,000円オールレザーでコバの処理が丁寧に施されていてリーズナブル
キプリス10,000円~30,000円伝統技法である菊寄せが使われている
sot10,000円~30,000円エイジングが楽しめる革が使われていてリーズナブル
Munekawa10,000円~30,000円薄くてコンパクト
いたがき10,000円~30,000円植物タンニンなめしの革が使われている
万双10,000円~30,000円比較的安価で高品質
ホワイトハウスコックス30,000円~50,000円ブライドルレザーが使われている
コルボ30,000円~50,000円知る人ぞ知るブランド
SLOW30,000円~50,000円オリジナルレザーを使っている
土屋鞄製造所30,000円~50,000円シンプルでユニセックスな財布が多い
イルビゾンテ30,000円~50,000円独自の天然牛革が使われていて人気が高い
ココマイスター50,000円以上全て日本製
フェリージ50,000円以上コロコロというシリーズが人気
エルメス50,000円以上高級ブランドの代名詞
GANZO50,000円以上コードバンの仕上げにこだわっている
WILDSWANS50,000円以上丸コバが採用されていて高級感がある

10,000円~30,000円で買える革財布のブランド

ここからは金額帯ごとにおすすめの革財布ブランドをご紹介していきます。

最初にご紹介するのは30,000円以下で買えるブランドです。

手が届きやすい価格なので、革財布が初めてで不安な方はこの価格帯から選ぶと良いでしょう。

HERZ

HERZは1973年頃からあるブランドです。

元々は革の鞄を作ることから始まり、今では同じ革製品でもある財布も作っています。

そんなHERZの特徴は製品に「内張り」がないことです。

内張りは耐久性が弱く、長い間使っていると傷んできてしまいます。

その内張りがないことで耐久性を上げて、長く使えるようになっているのです。

金額が手頃なことから、革製品初心者の方におすすめです。

鞄・レザーバッグのHERZ(ヘルツ)公式サイト

※内張りとは内側に布などを張ること

札幌革職人館

札幌革職人館の画像

札幌革職人館は、2010年に創業されたブランドです。

丈夫で手作りのあたたかみを感じられるモノを永く愛用していただきたい」という想いのもと、国内提携工房の熟練職人による高品質な革製品を企画・製造しています。

布や合皮などは使用せず、中まで全てオールレザー仕上げのため、革の厚みと質感をしっかりと味わえる作りです。

また、職人の腕が問われるコバの処理が丁寧に施されているため、耐久面でも安心して長く使えるのが特徴です。

高品質な商品が手頃な価格で楽しめると口コミでも人気のお店です。

【公式】札幌革職人館 オンラインショップ通販 革小物

キプリス

キプリスは1995年に東京で創業されたブランドです。

一生愛せる本質的価値のあるものづくり」というコンセプトで、キプリスの製品は美しく機能性に優れています。

また、百貨店バイヤーズ賞という全国の有力百貨店のバイヤーが選定する賞を9年連続1位で受賞しています。

最も特徴的なのは日本の伝統技法である「菊寄せ」が使われていることです。

模様が菊に見えることから「菊寄せ」と呼ばれています。

【公式】キプリス(CYPRIS)|革小物・財布・バッグ

sot

sotの画像

sotは2002年に東京恵比寿で創業されたブランドです。

使われている革はプエブロレザーやミネルバボックスといったエイジング(経年変化)を楽しめる革です。

革好きからの評価も高く、高品質のレザーブランドだと言えます。

高品質で且つ30,000円以下程度で購入できるリーズナブルなブランドなので、手に入れやすいのが特徴でしょう。

sot(ソット)公式サイト | オンラインストア

Munekawa

Munekawaは2000年代からあるレザーブランドです。

特に注目したいのがMunekawaの革製品の作りです。

革製品に使うパーツ数を減らすことにより、裁縫などの接続部を減らして故障を最小限にしています。

また、財布に関しては「薄くてコンパクト」なことを追及しており、ジャケットやズボンに入れたときのシルエットを崩しません。

そのためコンパクトな財布が欲しい人や、小銭入れと分けて持ちたい方におすすめのブランドです。

Munekawa – ミニマムに仕立てた革財布・革製品

いたがき

いたがきは1982年に北海道の赤平市で創業されたブランドです。

いたがきの特徴は創業以来「植物タンニンなめし革」を使い続けていることです。

植物タンニンなめし革はエイジングしやすく、経年変化を楽しめます。

使い始めは堅く感じられるものの、次第に手になじみあなただけの財布に生まれ変わります。

修理部門もあるので、もし故障したとしても安心です。

鞄いたがき(ITAGAKI)

※※植物タンニンなめし革について詳しく知りたい人はこちらの記事へ。
>> なめし革とは?3種類あるなめし革を革の専門家がわかりやすく解説!

万双

万双は1995年に創業されたブランドです。

ブランドコンセプトは「世界最高峰の品質」を「常識的な価格」で提供すること。

このことから万双の財布は比較的安価であるにも関わらず、高い品質を誇っています。

万双公式オンラインショップ

30,000円~50,000円で買える革財布のブランド

次に30,000円から50,000円で購入できるブランドです。

ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックスは1875年にイギリスで創業されたブランドです。

1970年にはラルフローレンの創業者であるラルフ・ローレンがホワイトハウスコックスにベルトの制作を依頼したことにより、その名を世界に轟かせました、

ホワイトハウスコックスは、ブライドルレザーと呼ばれる牛革が使われているのが特徴です。

ブライドルレザーは元々馬具に使われるほど丈夫な革なので、ブライドルレザーが使われている財布は長年愛用できます。

コルボ

コルボは1998年に創業されたブランドです。

知名度は高くありませんが、楽天のメンズ財布ランキングで1位をとっていて革好きや財布好きの中で高い人気を誇っています。

ブランド名で選ばれるのではなく、調べていくうちに口コミなどの評価が高く魅力を感じて行きつくブランドだと言えます。

[ CORBO ]コルボの公式サイト

SLOW

SLOWはまだ新しく、2008年に創業されたばかりのブランドです。

アメリカのウィケット&クレイグ社(世界初の植物タンニンなめしのタンナー)の革を使っており、栃木レザーとの共同開発のオリジナルレザーもあります。

そのため革のエイジングを楽しめるのが特徴の財布と言えます。

スーツに合うデザインからカジュアルなデザインまで揃えていて、徐々に若い世代から人気が出ているブランドです。

SLOW – スロウ 公式サイト | 革製のバッグ、財布 等の製造販売

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は1965年に元々ランドセルを作る工房として創業されたブランドです。

ユニセックス(男女区別がない)な財布が多く、女性でも男性でも使える財布を多く取り揃えています。

デザインはロゴなどがなくシンプルな物が多いので、シンプルな財布が欲しい人にはおすすめです。

さらに革のサンプルを取り寄せて、実際の質感も確かめられるので直接お店に行かなくても安心して財布を購入できるのも魅力でしょう。

土屋鞄製造所 — 上質な革で仕立てる、日本製の鞄

イルビゾンテ

イルビゾンテは1970年にイタリアで創業された(イルビゾンテとしては1990年)ブランドです。

独自の天然牛革を使用していて、下記のようなこだわりがあります。

2歳までの牛革だけを使用

・革が完成するまでに1か月~2カ月かけている

20時間の間染色タンクの中で染め上げている

これらのことから非常に人気が高いブランドとして、革好きに愛されています。

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 日本公式オンラインストア

50,000円以上で買える革財布のブランド

最後に50,000円以上の比較的高価なブランドです。

ココマイスター

ココマイスターは2011年に創業されたブランドです。

世界に通用する日本製ブランドをつくる」という企業理念のもと、全て日本製で作られています。

ココマイスターの財布は日本の職人さんが手作業で製造しています。

日本製かつ手作りに魅力を感じる方はココマイスターがおすすめです。

しかも価格が日本製・手作りの割りにリーズナブルなので、手に入りやすいのも魅力の1つです。

近年急激に人気になってきたブランドなので要チェックです。

ココマイスター公式WEB – cocomeister.jp

フェリージ

フェリージは1973年にイタリアで創業されたブランドです。

フェリージの財布の中でも特に人気なのが「コロコロ」と呼ばれる財布です。(型番では3500や3005など)

その名の通り見た目がコロコロとしていて、薄いのが良いとされる財布では異質の存在です。

その中身は蛇腹構造になっていて、収納スペースがたくさんあります。

他にはない構造なので、唯一無二の財布がほしい人はフェリージのコロコロがおすすめです。

イタリア製レザーブランド | Felisi(フェリージ)公式通販

エルメス

エルメスの画像

エルメスは今回ご紹介するブランドでは最も古く、1837年にフランスのパリで創業されたブランドです。

また、金額も最も高価ないわゆる「ハイブランド」と言えます。

最低でも10万円ほどかかるので予算に余裕がある人におすすめのブランドです。

中でも「べアンスフレ」というシリーズが男性に人気です。

収納力に優れているので型崩れもしにくく、カラーバリエーションも豊富。

大きいエルメスの「Hマーク」があることでブランドアピールもできます。

Hermès-エルメス-公式サイト

GANZO

GANZO(ガンゾ)は2001年に創業された日本のブランドです。

このブランドで代表的なのがコードバン(馬革)の財布です。

原皮選びから皮の加工まで、GANZOのコードバンは仕上がるまでに約10カ月もかかっています。

極めつけにアニリン染めと呼ばれる特殊な染色技術が使われており、革の表面が透き通るほどの透明感に包まれます。

他では味わえない色味なので、デザインにこだわる人にはおすすめです。

最高級のメンズ革製品・革財布 GANZO公式WEBサイト

WILDSWANS

WILDSWANSは1998年に創業されたブランドです。

あまり知名度はありませんが、レザーマニアの中では実力派のブランドとして知られており知る人ぞ知るブランドです。

WILDSWANSの財布で特徴的なのは「コバ」です。

コバとは革の裁断面の部分で、WILDSWANSでは一般的な「平コバ」ではなく手間がかかる「丸木コバ」が採用されています。

丸コバにすることで美しく、ハイブランドと遜色ない見た目に仕上がります。

みんなが知っているブランドよりも、知る人ぞ知るブランドが好きな人におすすめです。

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)オフィシャルサイト

革の財布を選ぶときに注意する2つのポイント

ここからは、革財布を選ぶときに押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

ブランドで革財布を選ぶのも1つの手なのですが、このポイントを抑えて財布を購入しないと想像していたものと違うな…と後悔してしまう可能性があります。

特に革は大きく分けて2種類ある、ということは重要なので必読です。

革は大きく分けて2種類ある

実は、財布に使われている革(財布に限らず)には大きく分けて下記の2種類があります。

1,植物タンニンなめし革

2.クロムなめし

植物タンニンなめし革とはタンニンという成分を使って、動物の皮をなめした(皮から革に加工した)革のことです。

そしてクロムなめし革とは塩基性硫酸クロムという化学製品を使って動物の皮をなめした革です。

この2つの大きな違いはメンテナンスが必要かどうかです。

植物タンニンなめし革は「エイジング」といって、革の色や手触りが変化しやすいのでメンテナンスが重要です。

反対に、クロムなめし革はエイジングが比較的少ないので頻繁なメンテナンスが必要ありません。

2つともそれぞれメリットデメリットがあるので、自分に合った革がどちらなのか確認してから購入する財布を決めましょう。

※なめし革について知りたい方はこちらの記事へ。
>> なめし革とは?3種類あるなめし革を革の専門家がわかりやすく解説!

財布の色選びに気を付ける

これは風水的な話しになるのですが、財布には向いている色、向いていない色があります。

例えば、金色は金運アップに絶大な効果がある色なので財布向きの色です

しかし赤色はお金を燃やすことが連想できるため、あまり財布向きの色ではありません

その他の色にもそれぞれ意味が存在していて、メリットデメリットがあります。

もしあなたが金運を少しでも気にする人なら、どの色が良いのかは事前に確認しておきましょう。

※財布の色選びについて知りたい方はこちらの記事へ。
>> 財布の金運アップの色はこれだ!風水から見る金運劇的アップカラーTOP5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です