レディースにおすすめの名刺入れ 革小物の札幌革職人館

毎日お仕事で使う名刺入れ。自分の顔とも言える名刺を持ち歩くための名刺ケースはとても大事なビジネスアイテムの1つですよね。

名刺入れが欲しい!と思った時に、新社会人の方や、今まで名刺を使う機会がない職種だったけど転職をして使う事になったという場合、「そもそも名刺入れってどこに売ってるんだっけ?」から始まる方も少なからずいらっしゃると思います。

「とりあえず100円ショップに行けばあるかな…」と思って行ってみれば、たしかにあります。100円ショップに行けばたいていの物は見つかるはずです。しかし、「自分の顔」となる名刺を収納する名刺入れを取引先の方の前で出す時に、ちょっぴり抵抗があるかも…と、少しでも思われるようであれば、そこは一旦考えてみましょう。

もちろん、100円ショップの物が悪い訳ではありません。自分の気持ちの持ちようだとは思います。でも、戸惑った方は、ネットなどで相場を調べてみるのもいいと思います。

調べてみると、下は100円から上はだいたい5、6万くらいでしょうか。もちろんそれ以上もありますが、ハイブランドの物ですと、きっとそのブランドが好きで購入するという方が多そうなので、名刺入れを買う際にはそんなに迷わないかな?という気がします。

これだけ種類があると、何が良くて何が悪いのか、自分に合ってるのかどうなのか、色は?素材は?女性向けなのは?と調べるだけ分からなくなってしまいますね。

ここからは、女性におすすめの名刺入れのポイントをご紹介いたします。

名刺入れ選びのおすすめポイント

素材はきちんとした印象の革を選ぶ

まず素材ですが、一般的に革の物が良いと言われています。アルミやスチール、木や合皮など色々な素材があるんですが、アルミやスチールは指紋が付きやすかったり、加工によっては反射が気になったり。木は少しカジュアル感が強い印象があります。

合皮は一見、革に見えますが、毎日出し入れして長く使う事を考えると、年数が経った時に表面がはがれてきたり、耐久性に不安が出てきてしまいます。

その点、革ですと、上品できちんとした印象も受けやすく、長く使えば使うだけ味わい深い艶と風合いが楽しめますし、耐久面も安心して使用できます。

革の種類も色々ありますので、札幌革職人館で取り扱っている革の種類については、是非、こちらの記事も参考にして下さい⇩

第一印象が大事な名刺入れ。革小物の札幌革職人館

価格帯は3,000円~20,000円位がおすすめ

素材は革が良いとお話ししましたが、革と言ってもピンからキリまで様々です。価格が安いからと言って全てが悪いわけではなく、企業努力でコストを抑えている商品もあると思います。

逆に、この相場以上のハイブランドの名刺入れも、もちろん素敵な物がたくさんありますが、目立ったロゴや特徴的なデザイン物ですと、職種や持つ方の立場によっては悪目立ちしてしまうという心配もあります。

例えば、年代や立場に合わせて年々使う名刺入れのランクを上げていく。というのも自分がステップアップしていく過程を感じられていいかもしれません。

カラー選びは落ち着いた色を

ビジネスシーンでおすすめカラーの基本は、落ち着いた色が定番です。ブラックやダークブラウンなどはカチッとした印象があるので、少し堅い職業の方や真面目な印象を与えたいという人にはおすすめです。

女性の場合は、職業はお堅いけれど柔らかい印象も与えたい…という方もいると思います。その場合には、明るいブラウンやキャメル、ボルドーカラーなどの女性らしい色合いも素敵ですよね。

女性用で探すと、可愛らしい柄やデザインもたくさんあります。色々と目移りしてしまいますが、ビジネスの場で使用すると考えた時には、キラキラや可愛い柄物などはあまり良い印象を持たれない事が多いので、シンプルに装飾は無く、1色使いかあっても2色位のものが好ましいかと思います。

レビューを参考に…

さて、ここまで素材・価格・カラーとおすすめの物をご紹介してきましたが、これを元に1件1件お店を回って吟味していきましょう!実際に手に取った時の手の馴染みや革の感触、名刺を入れた時の出し入れのしやすさなど、現物を見て初めて気づく事がありますよね。

時間があれば、お店に行って実際に手に取って見たり、近くに見てみたいお店があれば出来る事ですが、実際近くに店舗がなくて見に行けない!なんてこともあると思います。

そんな時役に立つのが、実際使っているお客様からの声を集めたレビューです。レビューを見る事で、使い始めの印象から、数年経ってからの変化まで書き込んでいる人までいて、本当に役に立ちます。

自分が気になっていた事が書いてあると、実際に手に取ることが出来なくても、安心して購入する事ができるので、インターネットで購入を考えている方は、上記の3点プラス、レビューもチェックしてみる事をお勧めします。

ここからは、デザイン別にレディースにおすすめの名刺入れをご紹介致します。

札幌革職人館オリジナルブランド商品のご紹介

オイルドレザー 名刺入れ

名刺入れ 名刺ケース カードケース ササマチ
シンプルなデザインでスマートに名刺を持ち歩きたいという女性の方におすすめの、オイルドレザーを使用した名刺入れです。ササマチタイプと言われる、笹の葉の様に尖ったマチが特徴の名刺入れです。

名刺入れ ササマチ 名刺ケース カードケース

このタイプは、薄くスマートに使えるので、名刺の量をあまり多くは持たないという方はもちろん、革が柔らかく馴染んでくると50枚位は入るようになりますので、その時によって名刺の入れる量を調節して持ちたい方にもおすすめです。

名刺入れ ササマチ 名刺ケース カードケース

ササマチポケット以外に、マチの無いポケットが2箇所ついています。右側は合計30枚収納。左は合計50枚収納しています。

ビジネスシーンでは、平均30枚位は入る物が理想とされていますので、入る量も丁度良いサイズですね。装飾が無くシンプルなデザインですので、女性に限らず男性の方にも人気のデザインです。

厚みがないので、ジャケットのポケットや胸ポケットに入れてもかさばりません。初めて名刺入れを使う新社会人の20代の方から、30代、40代、50代、60代と、幅広い年代の方に使っていただいているロングセラー商品です。

革はオイルドレザーを使用。クロム鞣しの後のタンニン鞣しを施した、コンビネーション鞣しを行っており、使い込むうちにしっとりとした手触りと深い艶が楽しめます。

牛革 オイルドレザー オイルレザー

筋やシワなどそのまま表れた素上げ調の革なので、革らしい風合いがとても魅力的です。そして、本革ならではの重厚感は、使えば使うだけ現れるこの艶と深みでより増していきます。年数が経てば経つだけ高級感も増していきますよ。

又、札幌革職人館の名刺入れの特徴と言えば丁寧に磨かれたコバ。

名刺入れ コバ 革の断面

コバとは革の断面部分ですが、このコバの処理の仕方で職人さんの腕が分かると言われるほど重要な部分です。

コバの処理には、ヘリ返し、コバ塗り、コバ磨きなどの種類があります。

ヘリ返しは革の断面を薄くした革で包む方法で、断面が見えない分、スッキリした見た目に統一感があり、コバ磨きがしにくい革の場合でもきれいに見えるという利点があります。しかし、表はきれいでも、裏に折り返してる革が見えるので見た目あまりきれいではない、使用している時の摩擦などで角が擦れやすいなどの欠点もあります。

コバ塗りは、樹脂成分を多く含んだ処理剤を塗り断面をコーティングする方法です。簡単に早く出来ます。これも職人さんによって違ってきますが、腕のある職人さんがやるとキレイで上品な仕上がりになりますが、やり方によっては革の質感が損なわれるため安っぽく見えてしまうという欠点もあります。

最後にコバ磨きですが、コバ専用の塗料を塗って、磨いて、乾かして、また塗って、磨いて乾かしての作業を繰り返し行い、美しいコバと耐久性を上げていきます。欠点としては、とにかく手間がかかります。しかし、この手間のかかる作業を行う事で、何年使っても角がへたらない、丈夫な商品が出来上がります。

商品を使用していて一番初めに傷み出やすいのがこのコバの部分が多いので、気に入って長く使うにはとても重要な部分ですよね。
お店でも良くお客様に言って頂くのが、「お宅の商品ダメにならないから買い替えができないんだよね。」という、嬉しいお言葉です。結局自分のは買い替える必要がないので、プレゼント用に…とご購入いただく事が多いです。

オイルドレザー 名刺入れ免許証入れ付き

名刺入れ 免許証入れ ササマチ ICカード

名刺だけじゃなく、免許証も一緒に持ち歩きたいし、ICカードも入れたい!なんていうちょっと欲張りな女性にもおすすめな名刺入れです。

こちらの名刺入れは、先程ご紹介した名刺入れと同じくササマチタイプの名刺入れで、20枚から50枚程の名刺を収納できるのはもちろん、免許証を入れられる窓も付いています。

名刺入れ ササマチ 免許証入れ 名刺ケース

名刺入れに免許証って入れるの?と思われる方もいるかと思いますが、これが意外と1つにまとめて入れたいと言われる方、多いんです。免許証じゃなくても、社員証を入れたいという方もいますし、電車や地下鉄の定期を入れたいという方も。

全て別々で持つよりは、1つのカードケースにまとめて持てる方が楽だし便利だよねと言う方結構多いんです。窓付のポケットの後ろにはマチなしポケットが1つと、ササマチポケットの上にマチ無しポケットが1つ、更に裏側にもマチ無しポケットが1つ付いています。

カードケース 名刺入れ 名刺ケース 免許証入れ ICカード

これだけポケットが付いていると、名刺入れとして使うだけでは勿体ないですよね?もちろん、名刺入れとして使わない方には、カードケースとしてお使い頂けます。マチ無しポケットが4箇所も付いているので、重ねて持ち歩くとクレジットカードやキャッシュカードの磁気飛びが気になる方も別々のポケットに収納できて安心ですよね。

名刺入れと免許証入れ、プレゼントしたいけどリサーチ不足でどちらが必要か分からない!という方へのギフトにしても、贈られた方が好きなように使えるので、渡しやすいという利点もありますね。

イタリアンレザーエルバマット 名刺入れ

名刺入れ 名刺ケース カードケース イタリアンレザー エルバマット 通しマチ

イタリアンレザーの鮮やかな色合いと、しっとりした質感が魅力の名刺入れです。

イタリアンレザー エルバマット 通しマチ 名刺入れ 名刺ケース カードケース

通しマチデザインなので、初めからたくさんの名刺を持ち歩きたいという女性の方にもおすすめです。

エルバマットは、牛革の中でも最高級と言われるベンズ(胴部分)のみを贅沢に使用し、植物タンニンなめしの特徴を最大限に活かした革です。鞣しの工程で、通常の1.5~2倍のオイルをじっくりと原皮に染み込ませ、光沢がでる「引き油」を行っていないため、革本来のマットな艶と重厚感のある風合いに仕上がります。

イタリアンレザー エルバマット

経年変化も早く、長く使えば使うだけ更に味わい深い革へと変わっていきます。イタリアンレザー特有の色鮮やかな色合いも女性におすすめしたい魅力の1つです。

又、通しマチデザインなので、50~70枚程と、初めからたくさんの名刺を収納したい方にも使いやすいデザインです。通しマチ以外にはマチ無しのポケットが2箇所付いていて、名刺を分けて入れるのに便利です。

人前で出す機会が多い名刺入れだからこそ、見た目や革の素材の良さにはこだわりたいですよね。今回ご紹介させていただいた3種類はもちろん、中まで全てオールレザー仕様ですので、外側は革だけど内側が実は合皮で、年数が経った時に中だけ劣化して剥離してきてしまうなんて心配もありませんよ。

内側が途中で革から布に切り替えてあるような名刺入れもありますが、名刺を出し入れする時にその切り替え部分の縫い目に名刺がひっかかってスムーズに出し入れできなくて…というお話を聞いたことがあり、買ったばかりなのに使いづらいからと買い替えていかれた方もいるので、購入する際はそこも要チェックしたいポイントですね!

ネーム刻印サービス

ネットショップでは、対象商品に名前を入れられる「刻印サービス」も行っております。名入れと言っても、記念日でもラッキーナンバーでも、使用できる文字と文字数であれば入れられますので、自分だけのオリジナル文字を刻印するのもいいですよね。

名前入れ 名入れ ネーム刻印

又、ギフトラッピングも無料で承っております。イベント時期には限定ラッピングも承っておりますので、自分へのプレゼントもいいですし、大切な方へのプレゼントにも素敵なギフト包装でお渡し出来ますよ。

お気に入りの1点を是非、見つけてくださいね。



札幌革職人館 名刺入れ



札幌革職人館 名刺入れ免許証入れ付き



札幌革職人館 名刺入れ エルバマット

その他の名刺入れ一覧はこちら⇓
札幌革職人館  名刺入れ一覧

\ この記事を書いた人 /

革製品や衣類など、なんでも長く大切に持ちたいオーロラタウン店O

価格もデザインも素材も、こだわってこだわって選んだ物は、愛着が湧いて長く大事に使いたくなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です