革製品

父の日ギフト 革小物の札幌革職人館

6/21(日)は父の日です。
日ごろの感謝の気持ちを伝えるのに最適な日ですよね!

母の日には赤いカーネーションが定番ですが、父の日の花はあまり馴染みがない気がしませんか?

父の日の花は黄色いお花で、バラやひまわりが定番の様です。

でも、お父さんにお花のプレゼントはなかなかしないかな?と言う方には、普段身につけてもらいやすい革の小物がオススメですよ。

実際、毎年当店で父の日のプレゼントを購入してくださっているという方も多いです。

例えば昨年プレゼントした小銭入れと同じ革のシリーズのお札入れをプレゼント!というのもいいですよね。

小銭入れは口が大きく3ヵ所に分かれていて中身が見やすく、取り出しやすい設計です。

これと、カードポケットが8ヶ所付いている二つ折り財布をセットにして使うと、お尻のポケットには二つ折りのお財布、前ポケットにはコインケースと分けて持ち運べて、お尻がゴロゴロするのが気になる方はスッキリ持てていいですよ。

毎年同じカラーでプレゼントをあげていく方は、次の年はあれにしようとあらかじめ決めておけるので、ギリギリになってあげるものが決まらない!と焦る心配もないですよね。

お酒が大好きで~と言うお父さんにはお酒のプレゼントもいいですが、飲むと消えてしまうので、何か手元に残るプラスワンアイテムのプレゼントとしてキーホルダーやキーケースを添えてのプレゼントはどうですか?

お母さんの分も一緒にプレゼントして一緒に使ってね!という渡し方も素敵ですよね。
ループキーホルダーは、カバンやバッグに取り付けてパッと取り外しが出来るのが便利です。

キーケースはお家の鍵や車の鍵など何個も収納したい時にまとめて持てるのがいいですよね。

読書が好きでよく本を読むけど、最近小さな文字を見る時にはメガネをかける事が多くなってきたというお父さんには、メガネケース+ブックカバーのセットはいかかでしょうか?

こちらのメガネケースは中に芯が入っているので、使い込んで革が柔らかくなってきても、メガネがつぶれてしまう心配がありません。よくメガネを持って歩く方はカバンの中に入れていても安心です。

本が好きな方は1冊目が終わりそうになって、もう1冊も用意してカバンに入れている方もいると思うので、色で分けてもいいですし、しおりが元々ブックカバーについているのも便利で使いやすいですよ。

組み合わせてプレゼントする事で、色々考えてプレゼントしてくれてるんだな、と更に嬉しい気持ちになってもらえるといいですよね。

札幌革職人館の手作り革製品は使う事に深い味わいが楽しめるオイルドレザーを使用してますので、普段なかなかプレゼントした方に会えない方は、たまにあった時に革の経年変化を見せてもらうのも楽しいですよ。

使った方が高級感が増してきますので、長く愛用していただきたいプレゼントにはぴったりです。又、ショッピングサイトでは対象商品のみ名前を刻印できるネーム刻印サービスを承っております。
オーダーメイドの様な特別感を演出できますので、ぜひこの機会にご利用ください。



札幌革職人館 コインケース



札幌革職人館 二つ折り財布コインケースなし



札幌革職人館 ループキーホルダー



札幌革職人館 4連キーケース



札幌革職人館 メガネケース



札幌革職人館 ブックカバー文庫本サイズ

色々なカバーとして、本革ブックカバー 革小物の札幌革職人館

ブックカバーと聞くと、本を入れるだけとイメージされる方も多いのではないでしょうか。札幌革職人館のブックカバーはそれだけではないのです。
ノートや手帳のカバーとしてお使いいただいている方も実は多いんです。
今回はこちらのご紹介。

サイズは2サイズで、文庫本と新書本サイズ。
どちらも繋ぎ目のない、1枚革仕立ての本革ブックカバーです。

オイルドレザー仕様のブックカバーは、触っていただくだけで、エイジングを楽しめます。ブックカバーなので、本を読むたび、手で触っていただくたびに色が変化していき、外側と内側では色の変化の感じが違う、なんてこともあります。

裏側部分は革の裏面をそのまま活かした仕様です。
本に馴染んでくれる柔らかさもありますので、持った時にもフィット感があります。
もちろん厚みも感じられる革で、本をしっかりと守ってくれるので、読書家にはぜひ使っていただきたい一品です。

ブックカバーとして高級感もあり、シンプルで使いやすいのですが、今回おすすめしたいのは、本だけではなく、ノートや手帳にも使えるというポイントです。
実はこのブックカバー、特にすごいのが文庫本サイズなのですが、主な対応サイズを見てみると、
「コクヨA6ノート」「コクヨ A6ソフトリングノート」「紳士なノート A6」
「ほぼ日手帳 A6」「能率手帳NOLTY ハンディタイプ」「高橋手帳 ニューダイアリーミニ」「高橋手帳 ビジネス手帳1」etc…

これらは当店で試してみたところ、文庫本サイズでブックカバーに入れることが出来ました。

また、新書本サイズだと、
「コクヨ B6ノート」「ダイゴー B6ダイアリー」などを入れることが出来ました。

※上記はあくまで当店で試した、というものです。必ず入るというお約束は出来ません、予めご了承ください。

本だけではなく、日常で使うようなノートや手帳もカバーを付けると、いつもと違う雰囲気を楽しむことができます。少し味気ないノートや手帳も本革のカバーを付けるだけで、高級感あふれるものに早変わりです。
もちろんカバーが守ってくれるので、ノートを傷めることなく、長くお使いいただけるかと思います。

シンプルなデザインのブックカバーですので、色々なものに合わせやすく、無駄な装飾がないので、フォーマルなスタイルでも気軽にご使用いただけます。
お仕事用にもおすすめです。
ノートや手帳を入れて使うことのできるブックカバーはなかなか無いかと思います。人とかぶらないでお使いいただけます。

もちろん、ブックカバーとしても優れものです。
先程記載しましたように、文庫本サイズ、新書本サイズと2サイズあって、色々ご使用いただけます。
また、本を読む時に欠かせないしおりが本体に縫い付けてありますので、しおりを落としてしまうような心配もありません。
しおりもブックカバーと同じ本革仕様のものです。
ブックカバーを付けるだけで、読書の時間もさらに楽しくなります。

プレゼントとしても人気で、60代へのプレゼントにブックカバーを贈られる方が多いようです。還暦祝いだったり、退職祝いだったりにおすすめです。
今なら、父の日のプレゼント、というのもいいかもしれません。

男性なら、ダークブラウンやブラック。
女性なら明るい、ボルドーやブラウンはやはり人気です。

さらには、オリジナルの刻印サービスもありますので、自分だけのものとなります。刻印するだけで、一味違った自分オリジナルのものとして楽しめます。

ラッピングの時にも、オリジナルの箱に入りますので、贈った方にも大変喜ばれます。

自分用としても、高級感もあり、シンプルなブックカバー。日常アイテムとして取り入れてみませんか。

いかがでしたでしょうか。
機能面も最適、革もエイジングの楽しめるオイルドレザーのブックカバー。
ぜひプレゼント用としても自分用としても、お求めください。


札幌革職人館 ブックカバー 文庫本サイズ


札幌革職人館 ブックカバー 新書本サイズ

落下防止に最適な革の差込メガネケース ショートストラップ付 革小物の札幌革職人館

札幌革職人館のネットショップで最近の人気は、従来の差込メガネケースにショートストラップの付いた、ストラップ付きのメガネケースです。

ネットショップのランキングにいつも上位にランクインしているメガネケースとは、ちょっと形の違う、薄型のコンパクトサイズ。
以前ご紹介したタイプは、中に芯材が入っているもので、潰れにくい設計となっておりました。

しかし、こちらの差込メガネケースは、中に芯材など入っていなく、特にコンパクトなサイズで軽いものとなっております。差込口にボタンなどの留め具はついていないので、そのままメガネを差し込むだけで出し入れが可能という優れものです。

レンズが少し大きめサイズのメガネがぴったり入るサイズとなっております。革製品ですので、使い込むと柔らかくなって、さらに大きめのサイズのものが入ったりします。

メガネを付けたり、外したりして持ち歩く人は、手で持ったまま持ち歩くと、どこかに忘れて置いてきてしまいそうだし、かと言って、メガネケースに収めるとすぐに使いたいときにちょっとした手間になります。
そう思う方もなかなか多いのではないのでしょうか。

そういった方におすすめしたいのが、差込メガネケースショートストラップ付きです。
従来の差込メガネケースにショートストラップが付いたもの。
元々の差込メガネケースは楽天のケースランキング1位を受賞した商品でもあります。

高級感のあるこちらのメガネケースは、シンプルで色々なものに合わせやすいです。
BAGに入れて持ち歩きたい方でも、BAGの持ち手部分に取り付けて持ち歩くとBAGの中でも探しやすく取り出しやすいです。
外側に出してぶら提げておけば、メガネの取り出しはスムーズです。
そのまま、中に入れておけば、紛失や落下防止にも役立ちます。
もちろんストラップをベルトループに通して、ぶら提げて持ち歩いても便利です。


メガネをたたんだ状態で出し入れができるので、出し入れもスマートです。

レンズが当たる内側の部分は、やわらかい牛革が貼っているので、レンズを痛めることもありません。革も厚みがありますので、丈夫に守ってくれます。
オールレザー仕様となっておりますので、使えば使うほどに馴染み、自分だけのお色へと変化もしていきます。

札幌革職人館のメガネケースはオイルドレザーを使用しております。クロム鞣しの後にタンニン鞣しを施した、手間のかかるコンビネーション鞣しの革です。
鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませ、筋やシワがそのまま表れた素上げとなっているので、使い込むほどに革の色や手触りが変化し、深みが増していき、エイジングを楽しめます。

もちろんストラップ部分は、繋ぎ目のない本革を使用しており、さらに裏側には染色のしていない、ナチュラルなヌメ革を貼り合わせていますので、丈夫な作りとなっております。
こちらも使いこむほどに馴染み、柔らかくなってきます。

また、札幌革職人館の商品でおすすめしたいポイントは、「コバ」です。
細部まで丁寧なコバ処理を行っておりますので、強度を保ちます。

コバ処理とは、滑らかに磨きあげ、磨いた面に塗料を塗っていきます。
これを何度も繰り返し行うことで、美しいコバが完成していきます。
コバがきちんと処理されていることにより革の断面を保護してくれますので、耐久性も上げることができ、長くお使いいただけるポイントでもあります。

シンプルな革のメガネケースは、男女問わずお使いいただけるため、ギフト・プレゼントにも最適。
オリジナルデザインのメガネケースですので、人とかぶらずにご使用いただけるかと思います。

さらにこちらは、ショートストラップ付きなので、あるようでなかなかないデザインとなっております。人とかぶりたくないという方には特におすすめとなっております。
また、刻印サービスも行っておりますので、世界に一つだけの刻印となり、自分だけのものを持つことができます。
メガネケースをプレゼントする時にも喜ばれるサービスとなっております。

色は全部で3色。ボルドー、ダークブラウン、レッドブラウンです。
落ち着いた大人らしいお色なので、どんな方でもお使いいただけます。

最初は少し明るめのお色でも、使い込むと深みが増しますので、明るさも気にならずに持ち歩くことができます。

いかがでしたでしょうか。
落下防止にも最適なメガネケース、ショートストラップ付。
シンプルですが、高級感のある、革のメガネケースを楽しむことができます。
ぜひプレゼント用としても自分用としても、高級感のある本革仕様のメガネケースをお求めください。

また、こちらの商品はセット販売となりますが、単品での販売もしております。
メガネケースのみやストラップのみのご希望の方にも安心です。

メガネケースは単品ですと、胸ポケットに入れての持ち歩きにも便利ですし、ストラップは鍵などを付けての持ち歩きにも便利です。

こちらもあわせてご覧ください。


札幌革職人館 差込メガネケースショートストラップ付


札幌革職人館 差込メガネケース


札幌革職人館 ショートストラップ

読書の秋、今年は革のブックカバーを。革小物の札幌革職人館

読書の秋ですね。

就寝前や休日のゆったりとした時間に家の中で読書をして過ごすのもいいものです。

今年こそは本を読もう!と意気込んで本を購入したり、お気に入りのブックカバーを探したり、、。

読書を習慣化するためにワンランク上のブックカバーを使ってみませんか。

愛着が湧いて本を読む時間がより贅沢な時間になります。

ブックカバーは通勤通学途中に汚れなどを防いでくれるので安心して持ち歩くことができます。

札幌革職人館のブックカバーは、継ぎ目のない贅沢な一枚革を使用していて大変丈夫なんです。

栞もブックカバー本体と同じ革を使用し一体化しているので用意する必要がありません。では簡単に革のご説明をしましょう。

■ オイルドレザー

革らしいシボ感を持ち、鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませた革です。上品な質感と、しっとりとあたたかみを感じさせる手触りが特徴です。
革本来の風合いを活かすために、革そのものが持っている筋やシワがそのまま表れた素上げ調の革となってます。

■ ヌメ革

植物の渋の成分でもあるタンニンで鞣された、染色・塗装がされていない革です。牛が元々持っていたシワや傷、血管、毛穴などの痕跡が鞣した後もそのまま特徴として残った、素朴な手触りを持つ素材を活かした革らしい革となります。これらはヌメ革の大きな特徴であり、味わいのひとつとなります。使い始めは固いですが徐々に柔らかくなっていきます。

札幌革職人館のブックカバーは、長い時間の読書にもしっくりと手に馴染んできて、どんどん愛着が湧いてきますよ。

私のオススメは、ヌメ革のブックカバーです!こだわりのある方が使っている印象があります。

ブックカバーは普段店頭にはオイルドレザー(4色)しか出していません。「ヌメ革ありますか?」とお声かけ頂きますと奥から出してきます。

なぜ店頭に出していないのかと言いますと、ヌメ革は染色していない革ですので、出しておくと自然と光によって焼けて色が変わってきてしまうからです。

使うとこんなに色が変わって、光沢も出てくるんです。

写真は名刺入れですが、ブックカバーは持つ位置が決まってくると思いますのでその方の使い方次第で表情がどんどん変わって個性が出てきます。

一から自分色に染め上げるという気分にもなる革と言えるでしょう。

あめ色に変化して素晴らしい光沢が出てくるヌメ革のブックカバーを是非使ってみてください。

サイズは2タイプ。下記は対応サイズ(cm)になります。

文庫本サイズ 縦15.2×横10.5×厚み2.5

新書本サイズ 縦18.0×横11.0×厚み2.0

文庫本サイズと新書本サイズをご用意しており、文庫本は580ページのものも収納できるんです。

革はオイルドレザーのビゾンテ(4色)とヌメ革の計5色です。心地よい手触りをヌメ革やオイルドレザーお好みの革でご堪能ください。

札幌革職人館ブックカバーの活用術

いざ読書を始めてもなかなか続けられないこともありますよね。

そんな時でも札幌革職人館のブックカバーは無駄になりません。上質な本革ブックカバーは本以外のカバーとしても大活躍します。

文庫本サイズのブックカバーは、A6サイズのノートにも対応できます。

※上記はあくまで当店で試してみた結果で、必ず入るというお約束はできませんが、ぜひご購入の参考にしてみてください。

 

革のお手入れ方法も難しい事はありません。

オイルドレザーはそのまま使用しているだけで自然な艶と革独特の風合いが増していきます。

ヌメ革は染色していない革で、はじめは白っぽいため、汚れなど気になる方は、使い始める前に少し日の当たるところで日光浴させて色を付けてからご使用いただくことをオススメします。

少しずつあめ色に変化していき、自分の色に染めていく楽しみがあります。

ご自分用はもちろん、プレゼント用に購入される方も多い人気商品です。

ぜひこの秋、愛着が湧く本のお供に本革の良さを実感してください。


札幌革職人館 ブックカバー


札幌革職人館 ブックカバー

シンプルなデザイン、それが良いメガネケース。革小物の札幌革職人館

札幌革職人館のネットショップの人気ランキングにいつも上位にランクインしているメガネケース。

でも、わざわざ自分でメガネケースを購入される方って少ないですよね。だいたいの方が、メガネを購入した際に貰えるケースを使用しているのでは?しかし、メガネを購入した際のケースは、丈夫で保管時には最適ですが、持ち歩くには少しかさばります。

そういった時におすすめなのが、札幌革職人館のメガネケースです。

札幌革職人館オリジナルのメガネケースは、軽くて薄くてコンパクト。
使えば使うほどに馴染む総革仕様なので、とてもコンパクトに持つことができます。

人とはかぶらないデザインとシンプル設計。手触りの良いオイルドレザーが全面に引き立つデザインです。
老眼鏡を入れてもいいですし、必要な時だけメガネをかける方にも、持ち運びにはとても便利です。

厚みも未使用時で約3cmと薄型です。

上が未使用の状態です。使用前の状態でも充分コンパクトですが、使っていくと下のようになり、薄くなります。

ここまで薄くコンパクトですが、メガネは潰れないの?そう思う方もいると思います。
でも大丈夫なんです。
メガネケースの中には、プラスチック製の芯が入っております。

この芯があるおかげで、押しても簡単には潰れません。しっかりホールドしてくれるので、メガネを守ってくれます。

このように、レンズの当たる中の部分も本革を使用しておりますので、レンズを傷付ける心配もありません。入れ方は少しだけ、一般的なメガネケースと異なります。

まずメガネを外したらツルを畳まずに、写真のようにレンズのフレーム部分を入れます。

その後にツル部分を畳みます。

そして最後にボタンを閉めたら収納完了です。

レンズの部分だけの収納なので、メガネを傷つけにくいんです。少し変わっていますが、このおかげでとてもコンパクトな収納ができます。

もちろん本革仕様ですので、エイジングを楽しめます。革のいい所は、変化を楽しめるのがいいですよね。

札幌革職人館のメガネケースはオイルドレザーを使用しております。クロム鞣しの後にタンニン鞣しを施した、手間のかかるコンビネーション鞣しの革です。
鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませ、筋やシワがそのまま表れた素上げとなっているので、使い込むほどに革の色や手触りが変化し、深みが増していきます。

こちらで、5、6年使用。艶が増しているのがわかるかと思います。使う頻度や使い方にもよりますが、使えば使うほどとても変化します。写真はブラウンですが、他の色も変化を楽しめます。
色は、ブラウン、ダークブラウン、ボルドー、ブラックの4色展開です。どの色も男女問わずお使いいただけます。

「え!ボルドーも?」

ボルドーははじめは少し明るめのピンクのようにも見えます。しかし、使い込むほどに濃いめの深いワインカラーとなります。店頭では、男性にも人気のカラーです。

※画像は名刺入れです。

また、みなさん口をそろえて言うことは、「コバ処理が丁寧」ということ。

コバを滑らかに磨き、磨いた面に塗料を塗っていきます。
これを何度も繰り返し行うことで、美しいコバが完成していきます。
コバがきちんと処理されていることにより革の断面を保護してくれますので、耐久性も上げることができ、長くお使いいただけるポイントでもあります。

いかがでしたでしょうか。
メガネケースってなかなか購入する機会がないかとは思いますが、人とは違う、シンプルでコンパクトなメガネケースをお持ちになってみませんか。

もちろん、プレゼントにも喜ばれるかと思います。シンプルなデザインは、年齢も問わずお使いいただけますので、お世話になった人に、クリスマスプレゼントに、おじいちゃんおばあちゃんにお揃いで、などプレゼントの様々なシーンでご活躍できる一品です。

ネットショップでは、ネーム刻印のサービスも行っておりますので、世界に一つだけのプレゼントとしても、喜ばれます。

シンプルなのが良いと思えるデザイン。そして上質な本革仕様。人気の理由は、ぜひお手に取って感じてみてください。


札幌革職人館 メガネケース