高級感

最高級のイタリアンレザーの長財布 革小物の札幌革職人館

新春を迎えて、春財布の季節がやってまいりました。

みなさんは「春財布」という言葉をご存知でしょうか。
春の時期に買い替えた財布のことを言い、財布がパンパンに張る(張る財布)ということから春財布と言われております。

お財布が膨れるくらいお金が入ってくるにちなんで、金運を呼び込んで縁起が良い財布であるとされており、新春を迎えたこの季節から、お財布を買い替えるのにはオススメの季節です。

春をいつ頃のことを指すのかとすれば、冬至を過ぎればもう『春』とする考え方もあれば、立春を過ぎてからが『春』であるとする考え方もあります。

どちらも春財布としては縁起がいいので、新しく新調する際にはおすすめです。

春財布について、詳しくは前回のブログを参照ください。

この春財布の季節に、札幌革職人館でおすすめは、イタリアンレザー仕様の長財布です。

こちらのお財布は、札幌革職人館オリジナルで作っているファスナー式の長財布です。
オールレザー仕様で外側はエルバマットという、イタリアの最高級の革を使用しております。

革だけを重ね合わせて作られており、合皮や布などは一切使用しておりませんので、とても丈夫。

そして、その革に耐久性を与えるコバ処理は、幾重にも丁寧に施されております。
また、コバの色は、中のヌメ革や外側の革に合うようこげ茶色を使用しております。

外側に使用されている、エルバマットという最高級のイタリアンレザーは、100%染料で仕上げられた自然な色ムラがあります。色ムラさえも自分だけの模様となり、世界に一つだけとなります。ひとつひとつ手作りでもあるので、人とかぶらないでご使用できます。

じっくりと時間をかけ、通常の1.5~2倍料加えられたオイル仕上げが特徴です。手触りもとても良い革です。

最初はマットな触り心地ですが、使い込むほどに艶が出ます。

写真は、1年使用した名刺入れのキャメルと小銭入れのワインです。
使用前のお財布と比べてみるとかなりの色の変化が見れます。

オイルを多く含んでいる革なので、手で触っていただくだけで、エイジングを楽しめます。

内側は上質でソフトなヌメ革を使用しており、オールレザー仕様。すべてのパーツに本革を使用しておりますので、丈夫に長くご使用いただけます。

さらに、コインケース部分にも使いやすさのポイントがあります。

写真のように、コインケース部分に、マチがついておりますので、大きく開いて、小銭がみやすく出し入れもしやすいです。

色は全部で5色。
男性でも女性でもご使用いただけるカラー展開です。
元々4色展開でしたが、限定でライトグリーンが登場しました。

好きな色をお洒落に持ち歩きましょう。
最近は、グリーンのお財布が人気あります。お金が溜まるなどと最近は言われており、店頭では、買いに来店される方が多くいらっしゃいます。

いかがでしたでしょうか。
こだわりを持って、職人さんが一つ一つ丁寧に作っておりますので、他とは違う、高級感があり、そしてとても使いやすく丈夫です。
表面には装飾が一切なく、とてもシンプルなので、長く使えます。

もちろん、プレゼントにも喜ばれるかと思います。シンプルなデザインは、年齢も問わずお使いいただけますので、お世話になった人に、様々なシーンでご活躍できる一品です。

お財布は、プレゼントされたものを使うといいとも言われてますよ。

シンプルなのが良いと思えるデザイン。そして上質な本革仕様。ぜひお手に取って感じてみてください。


札幌革職人館 ラウンドファスナー長財布エルバマット

コンパクトな春財布 革小物の札幌革職人館

新しい年を迎え、もう1か月経とうとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
年末年始がずっと続けばいいのに…
食べ過ぎちゃって体が重い…
お正月なんて私には無かった…

と、色々な思いを抱えた方がいると思いますが、そんな皆様「春財布」という言葉をご存じでしょうか?

「春財布」とは、“『春』の時期に買い替えた財布”のことで、財布がパンパンに張る(財布が膨れるくらい お金が入ってくる)にちなんで、金運を呼び込んで縁起が良い財布であるとされています。

では、春とはそもそもどの時期の事を言うのかと言いますと、
これには諸説ありますが、旧暦では冬至が暦を計算する上での起点となるので、冬至を過ぎればもう『春』とする考え方もあります。
※冬至(12月21日頃)~雨水(2月18日頃)

他には、立春を過ぎてからが『春』であるとする考え方もあります。
※立春(2月3日頃)~啓蟄(3月5日頃)

このどちらの考え方も春財布としては良く、さらにはどちらも年末・年度末となる区切りの時期ですので、 新しい年の始まりに合わせて財布を新調する、という意味ではどちらも「春財布」に適していると言えます。
この期間に財布を新調すれば、金運はさらにアップするかもしれません。

という事で、今回は当店人気NO.1の「くるみボタン財布」のご紹介です。

お店に来てくださるお客様の半分以上の方が、このお財布使ってるんですよー。と言ってくださることが多く、使いやすいからお友達のプレゼントに。という方や、お世話になった方へのお返しに。というリピーターさんが多いです。

使い方はと言いますと

ボタンを開けると大きく広がる3つの部屋に手前からカード、小銭、2つ折にしたお札を入れます。
カードは約20枚は入ります。
ポイントカードなど、とにかくカードが多くて困ってしまうという方は、このサイズで収まればかなりコンパクトなので、かさばらなくていいですよ。
小銭も探しやすく、手が大きな男性でもサッと小銭が出せますので、
財布が小銭で重くなってしまう事もありません。

お札も10枚以上は軽く入ります。

右が新品、左が7年程使用しているものです。


使い込むごとにエイジングで艶と柔らかさが出てきます。
厚みも取れてペタンとしてきますので、その日使うカードの量などによって厚みの調節もできますよ。

こんなに小さなお財布ですが、それでもまだ小さいのが良いという方には一回り小さな、くるみボタン財布小もあります。

こちらも入れ方としては同じで、前からカード、小銭、お札と入れていきます。
カードは約5~6枚、お札もあまりたくさん入れるタイプではありませんが約3~4枚入れると収まりがいいかなと思います。
小銭メインでちょっとカード、ちょっとお札位が丁度よいサイズです。

冠婚葬祭に持って行く小さなバッグ用や、小銭メインで免許証とちょっとお札を入れて持って歩きたいお父さんへのプレゼントにもオススメです。

当店オリジナルのシンプルで使いやすいお財布を、是非一度使ってみてください。
きっと手放せなくなるはずですよ!


札幌革職人館 くるみボタン財布


札幌革職人館 くるみボタン財布 小

探すと見つからない、免許証入れ 革小物の札幌革職人館

札幌革職人館の店頭に来店されるお客様はよく、
「免許証入れはありませんか?」
ということを多く聞きます。

他ではあまり売っていないらしく、探している方も多いらしいです。
お財布に入れて持ち歩けば問題ない、という方も多いですが、それでも需要のある、免許証入れ。

札幌革職人館では、2種類の免許証入れがありますので、こちらをご紹介します。

まず一番人気のタイプ、スタンダードな形の免許証入れ。

 

内側上部にプラスチックの窓付きのカードポケットがついており、こちらに免許証を入れることができます。
プラスチックがついておりますので、大事な免許証をしっかり守ってくれます。
窓付きポケットが1ヶ所、カードポケットが2ヶ所となっております。

もちろん免許証だけではなく、ETCカードや社員証など大事なものを収納することができます。
外装は、革を引き立たせるシンプルなデザインですっきりしています。
もちろん、内側もこだわりぬいたオールレザー仕様。裏張りや仕切り部分にもレザーを使用しております。シンプルなデザインと作りなので、男女問わずお使いいただけます。

そして、もう一つの免許証入れ。W免許証入れです。

 

こちらは、内側だけではなく、外側にも窓が付いているタイプとなっております。
免許証以外のカードを多く持ち歩きたい方にも嬉しい仕様となっております。
内装に、窓付きカードポケットが1ヶ所、カードポケットが3ヶ所、
外装に、窓付きカードポケットが1ヶ所、カードポケットが1ヶ所となっており、カードも多く収納できます。

こちらももちろん、オールレザー仕様で、男女問わずお使いいただけます。

それぞれの違いとして、カードポケットの枚数が違う、というのもありますが、他にも違いがあります。

右がW免許証入れ。左が免許証入れです。

見ていただくとわかるように、窓の大きさが違います。
そして、免許証入れはプラスチックの窓付きポケットとなっておりますが、W免許証入れは窓を小さくし、そしてプラスチックを無くしています。
使っていく内に、プラスチックが割れてしまったりすると使いにくくなってしまうので、気になる方にはW免許証入れ。
プラスチック付きで、大事な免許証やカードを守りたいという方には、スタンダードな免許証入れがおすすめです。

また、厚みも異なります。

W免許証入れは、カードポケットを多く作っている分厚みが出ます。
入れる量によって使い分けたいですね。

いかがでしたでしょうか。
探すとなかなか見つからない、免許証入れ。シンプルでコンパクトな免許証入れを使ってみませんか。

ネットショップでは、ネーム刻印のサービスも行っておりますので、世界に一つだけのプレゼントとしても、喜ばれます。

シンプルなのが良いと思えるデザイン。そして上質な本革仕様。人気の理由は、ぜひお手に取って感じてみてください。

【商品購入はこちらから。】

札幌革職人館 免許証入れ


札幌革職人館 W免許証入れ

古くなった小物、新しくしませんか? 革小物の札幌革職人館

こんにちは!
普段何気なく使っている小物たちの中に、そういえば気づいたら結構くたびれちゃったなーという小物はありませんか?
傷んできてるんだけど人にもらったものだからなかなか捨てられなくて…とか、変えよう変えようと思っているのになかなかいい商品に出会えず気づいたらボロボロで…という方も多いキーケースを今回はサイズ別にご紹介致します。

まずはオイルドレザーを使った一般的なサイズの4連キーケース。


シンプルでコンパクトなサイズの4連キーケースです。
名前の通りキーフックが4連付いたキーケースで、家の鍵と車庫の鍵、会社のロッカーの鍵等、本数の少ない方はこちらがオススメです。


車のスマートキーも小さめのものであれば収納可能。(スマートキーのみ収納の場合は外周約10㎝まで収納可能)

鍵の本数が少ない方はキーホルダーにつけているという方も多いと思いますが、カバンの中にそのまま入れてお財布や他の小物が傷つかないか心配という人はカバーのあるキーケースがオススメですよ。

もっとたくさんの鍵や大きな鍵を付ける方にはラウンドファスナーキーケース。


スマートキーの他にエンジンスターターを一緒に収納したい方にもオススメです。

こちらもキーフックが4連付いていて、更にカードポケットが付いているので、車関係のカードやしまった場所を忘れがちな駐車券なども入れておけて便利です。
心配性な方はラウンドファスナーで口がぐるっと閉まりますので、安心して持ち歩けますよ。

GIFTにはもちろん、年明けは新しい持ち物でスタートしたいという方にもオススメの小物ですよ。
ショッピングサイトでは自分だけのオリジナル「ネーム刻印サービス」も無料で行っております。
この機会に是非、手作りの本革製品の良さを実感してください。


札幌革職人館 4連キーケース


札幌革職人館 ラウンドファスナーキーケース

仕切りがあり使いやすい!本革コインケース 革小物の札幌革職人館

師走。クリスマスも終わり、お正月の準備もあり忙しい毎日ですね。
年末にかけて来年の春財布を買いにお客様がちらほらご来店いただいております。

年明けとともに新しいお財布を使ってみませんか。
本革仕様で高級感あり。

初詣にも大活躍の札幌革職人館コインケースをご紹介致します。

ラウンド型のファスナーになっていて、とてもスムーズに開閉できます。

ファスナーはもちろん信頼のブランド、YKK。
安心してお使いいただけます。

外側だけではなく、内側も高品質なオイルドレザーを贅沢に使用しております。
使い込むほどに手に馴染んで愛着を感じてきますよ。

オススメなのは革だけではありません。
形も重要です。

内部は仕切りが一つあり、仕切りにもポケットを付けてあります。
細かく折りたためば紙幣も入れることができます。
3つの部屋に分かれるので、金種別に分けて入れると出す時に楽々で見やすいですよ。

コインケースを横からキュッと押すと大きく開きますので、手の大きな方にもコインがつまみやすくなります。かなり使いやすいコインケースです。

色は4色ご用意しております。男女問わず使っていただけるシンプルなデザインです。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれると思います。

いかがでしたか。

プレゼントとして渡した時も、永く愛用してくれているのを見ると嬉しくなりますよね。
プレゼントにも最適ですが、自分用でずっと探していた方にも是非使ってみてほしいコインケースのご紹介でした。


札幌革職人館 コインケース

スマートな大人のお財布 革小物の札幌革職人館

北海道にも雪が降り、いよいよ本格的な冬シーズン到来!という季節になってきましたが、冬と言えばこれからクリスマスや年末の忘年会など、イベントごとで外出する機会も多くなると思います。

特に、忘年会などお酒を飲みに行かれる方が良く言われるのが、「大きなお財布ではなく、小さくてコンパクトなお財布で、必要最低限のものだけ入れられるマネークリップがいい」と。

10月から始まったキャッシュレス決済に伴って現金は極力少なめに…という方も増えてきていますので、今回はそんな方にオススメのマネークリップをご紹介致します。

まずは基本のマネークリップ(カード入れ付き)

こちらは3枚のカードが入れられるデザインです。
小銭入れは別で持ってお札とカードだけはお尻のポケットに、という方が多いので、こちらをご愛用頂いている方も多いです。

お次は更にカードを増やしたい方用のデザイン、マネークリップ(両面カード付き)

カード枚数が先程の倍の6枚入るデザインです。極力必要最低限と思ってはいるけども、やはりカード社会のこの時代に3枚では厳しい…という方にオススメのデザインです。

そして、とにかく薄さにこだわったこちらのデザイン、マネークリップ(一枚革)

お札だけを挟むだけのシンプルなデザインです。
クリップだけの物も売っているのはありますが、お札がくしゃくしゃになってしまうのが気になる方は、やはりしっかりとした革でお札を保護しながら持ち歩けるこちらのデザインがいいですよ。

最後は、小銭も一緒に持ち歩きたいという方にオススメのデザイン、マネークリップ(コインケース付き)です。

マネークリップの薄さは魅力的なんだけど、小銭を分けて持つのは面倒という方もいらっしゃるので、一体型で持てる優れものです。

マネークリップ自体、スリムでちょっと大人っぽくてカッコイイと憧れをいだく方も多いので、普段は長財布や二つ折りを使っている方も場面によって使い分けてみるのもいいですよ。

札幌革職人館のマネークリップは、オイルドレザーという革らしいシボ感を持ち、鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませた革で、上品な質感と、しっとりとあたたかみを感じさせる手触りが特徴です。
革本来の風合いを活かすために、革そのものが持っている筋やシワがそのまま表れた素上げ調の革となっており、使い込むほどに深みが増し美しい艶に変わっていく様子は、手にするたび愛着も深まります。
札幌革職人館の革の中で最もエイジングの風合いを楽しめる革ですよ。
ネットショップではネーム刻印サービスも行っておりますので、自分だけの特別感のあるプレゼントを贈ってみませんか?

手作り製品の良さをぜひ、お手に取ってご堪能ください。


札幌革職人館 マネークリップ(カード入れ付き)


札幌革職人館 マネークリップ(両面カード入れ付き)


札幌革職人館 マネークリップ(一枚革)


札幌革職人館 マネークリップ(コインケース付き)

形いろいろ、コンパクトな二つ折り財布 革小物の札幌革職人館

店頭で日々お客様と接していると、個人個人でこんなにもお財布の使い方が違うものなのだと感じます。
お金の扱い方もしかり。(特に男性に多いのですが)お金をポケットにそのまま入れている方がいるかと思えば、お札を折って入れてはいけないと長財布しか使わない方もいます。

お財布に対しての想いや考え方もそれぞれ違っていて色々な声が聞こえてきます。
赤は赤字になるからダメとか、緑のお財布はお金が貯まるとテレビで見た!と言って買いに来てくださる方など。

一年に一度買い替えなければいけないとおっしゃるお客様もいれば、中まで全部本革の札幌革職人館の財布を永く愛用したいと言ってくださる方もいます。

最近では「コンパクトなお財布が流行っているから。」「小さいバッグに入る財布が欲しい。」と言ってできるだけ小さな財布を探されている方が増えてきました。

皆さんはどのようなお財布を使っていますか?

今使っているお財布は使いやすいですか?

どのようにお財布を持ち歩くかは人それぞれですが、日々使いづらさを感じているけどどうしていいかわからない方の為に、札幌革職人館オリジナルの二つ折り財布をご紹介します。

次に買う財布のヒントとなればと思います。

■ 札とカードと小銭

この組み合わせをどのように分けるか、どのように持ち歩くか、みんな悩むところです。

①二つ折り財布(コイン)
札とカードと小銭を全て一緒に持ち歩きたい派のあなたにぴったりです。
カードは4枚入ります。フリーポケット1ヵ所。お札は仕切りがありますので分けて収納も出来ます。

②二つ折り財布(カード)
カードが5枚以上あり小銭でお財布が膨らむのが嫌な方向けです。
カードは8枚。カードも収納できるフリーポケットが2ヵ所あります。

こちらとコインケースを一緒に使うと便利です。

③二つ折り財布(トリプル)
カードが多すぎて減らすことも出来ない方にご用意しました。
カードは12枚。フリーポケットが3ヵ所です。たっぷり収納できます。

上質で丈夫な本革仕様の二つ折り財布を使ってみたいとお考えの方はぜひ店頭でお手に取って見てください。スタッフが色々アドバイスしてくれますよ。

男女問わずお使いいただけるシンプルで飽きのこないデザインです。

色は4色ご用意しております。

お誕生日やこれから来るクリスマスの贈り物にも大変喜ばれます。専用のラッピングも無料で承ります。

また、『素敵なギフト』というサイト内の「古希はどう祝えばいいの?古希祝いのマナーやオススメのプレゼント60選」という記事で、当店の二つ折り財布が紹介されました。
プレゼントの参考にいかがですか。
詳しくはこちら→ 『素敵なギフト


札幌革職人館 二つ折り財布(コイン)
札幌革職人館 二つ折り財布(カード)
札幌革職人館 二つ折り財布(トリプル)

こだわり抜いた作りの長財布。革小物の札幌革職人館

札幌革職人館で一番オーソドックスな長財布。
シンプルな作りですが、他とは全く違う、こだわり抜いた作りについてご紹介します。

他ではこのこだわりには、きっと出会えません。
お財布を探す時でも大事にしたいポイントです。

札幌革職人館の長財布は、オールレザー仕様。革だけを重ね合わせて、合皮や布などは一切使用しないで作られていますので、とても丈夫。

そして、その革に耐久性を与えるコバ処理は、幾重にも丁寧に施されており、最大の特徴です。

そもそもコバとは革の断面(切り口)の部分のこと言います。
このコバを滑らかに磨き、磨いた面に塗料を塗っていきます。これを何度も繰り返し行うことで、美しいコバが出来上がります。

こちらが、札幌革職人館の長財布です。

とても丁寧に磨かれており、きちんと処理されております。
そのため、革の断面を保護し、耐久性を上げることができますので、とても丈夫なんです。

10年使用してもこの通り。

コバ処理を丁寧に行うことで、10年使用しても綺麗なままです。写真は二つ折り財布になりますが、ズボンのポケットに入れてずっと使用していたとのこと。
それなのに、綺麗なままです。保護されているコバ処理のおかげで、10年以上は使用できます。

店頭で、お客様が使っているお財布でよくみかけるのが、薄い革で紙のようなものを包んでいたり、コバ処理が甘いものなどは、使っていくうちに塗料がはがれ、写真のように中の紙のような芯材が見えてくることもあります。
写真で白っぽく見えているのが芯材です。

※こちらは、札幌革職人館の商品ではありません※

しかし、札幌革職人館の長財布は、革のみの仕様な上に、コバ処理もしっかりされているため、このようなことにはなりません。

丈夫で綺麗なまま長く使えますので、安心です。

さらに、コインケース部分にもこだわりのポイントがあります。

写真のように、コインケースの左右の下部分に、斜めのステッチが入っております。
このステッチがあることによって、小銭が端に入り込むのを防いでくれます。1円玉とかは特に入り込みやすいですからね。こういった工夫もされております。

また、カードの多い方には、カードポケットが2倍タイプもあります。

通常のタイプは、8枚ポケットになっておりますが、2倍タイプは16枚も収納可能です。
これだけあれば、カードも見やすく、収納できますので、取り出す時にも便利です。

お色は全部で4色。
男性でも女性でもご使用いただけるカラー展開です。

好きな色をお洒落に持ち歩きましょう。

いかがでしたでしょうか。
こだわりを持って、職人さんが一つ一つ丁寧に作っておりますので、他とは違う、高級感があり、そしてとても使いやすく丈夫なのです。
表面には、装飾が一切なく、とてもシンプルです。シンプルな長財布は飽きがこないので、長く使えます。

もちろん、プレゼントにも喜ばれるかと思います。シンプルなデザインは、年齢も問わずお使いいただけますので、お世話になった人に、クリスマスプレゼントに、様々なシーンでご活躍できる一品です。

ネットショップでは、ネーム刻印のサービスも行っておりますので、世界に一つだけのプレゼントとしても、喜ばれます。

シンプルなのが良いと思えるデザイン。そして上質な本革仕様。人気の理由は、ぜひお手に取って感じてみてください。


札幌革職人館 長財布


札幌革職人館 長財布両面カードタイプ

第一印象が大事な名刺入れ。革小物の札幌革職人館

毎日、お仕事で使う方も多い名刺入れ。皆さんはどんな名刺入れをお使いですか?

人前で出す機会が多い名刺入れだからこそ、その人のこだわりが感じられる、本革で高級感のある名刺入れを使ってみませんか?
当店では、オイルドレザー、ヌメ革、エルバマットと3種類の革でご用意しております。
まずは革のご説明から。

オイルドレザー

革らしいシボ感を持ち、鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませた革です。上品な質感と、しっとりとあたたかみを感じさせる手触りが特徴です。
革本来の風合いを活かすために、革そのものが持っている筋やシワがそのまま表れた素上げ調の革となっております。使い込むほどに深みが増し美しい艶に変わっていく様子は、手にするたび愛着も深まります。札幌革職人館の革の中で最もエイジングの風合いを楽しめる革です。

ヌメ革

植物の渋の成分でもあるタンニンで鞣された、染色・塗装がされていない革です。牛が元々持っていたシワや傷、血管、毛穴などの痕跡が鞣した後もそのまま特徴として残った、素朴な手触りを持つ素材を活かした革らしい革となります。これらはヌメ革の大きな特徴であり、味わいのひとつとなります。使い始めは固いですが徐々に柔らかく馴染み、使いこむほど色艶が深みを増して非常に味わい深い風合いに変わります。

エルバマット

イタリアのサンタクローチェ地区にある老舗タンナー、テンペスティ社で製造された革です。イタリアの伝統的なタンニン鞣しで作られています。
100%植物由来の原材料で、通常の1.5~2倍のオイルをじっくりと原皮に染み込ませ、光沢が出る「引き油」を行なっていないため革本来のマットな艶を感じる事ができます。オイルをたっぷり含んだ革は、使い込むほどに深みと艶が増し、手に馴染むような柔らかさとエイジングをお楽しみいただけます。

名刺入れの形は2型あり、ササマチタイプと通しマチタイプがございます。

ササマチタイプ

横から見ると笹の葉の様に見えることからついた名前で、収納する量が少ない方はコンパクトに収まるこちらがオススメです。
初めは20枚位が丁度よい枚数ですが、革自体が馴染んで柔らかくなってくると、50枚位は収納できるようになります。

ササマチタイプの革はオイルドレザーとヌメ革からお選びいただけます。

オイルドレザー

 

右は名刺を20枚入れたところです。

>>>購入はこちらから

ヌメ革

続きを読む

使い込むと味となる本革かぶせペンケース 革小物の札幌革職人館


さりげない安心感、札幌革職人館かぶせペンケースが大切なペンを守る。


革に時間をかけてたっぷりとオイルを染み込ませていくことで実現する、オイルドレザーのかぶせペンケースです。
しっとりとした手触りと上品な質感が特徴の革は使えば使うほど手に馴染みます。
革そのものが持っている筋やシワなどの表情、使い始めから驚くほど馴染む手触りや使い込んでいくほどに増していく色艶、その全てが自分だけの革となっていくことが感じられます。

内側も本革を使用し、どんどん手に馴染んでいきます。
ダークブラウン、ボルドー、レッドブラウンの3色をご用意しております。男性はもちろん、女性にも永くお使いいただけるデザインです。
ノック式の単色ボールペンなら7本程入ります。
フラップの差し込みを浅くすれば、長めのペンも収納可能。
内側は仕切りがありませんので、工夫次第で使う用途も広がります。

メガネケースとしても使えるかぶせペンケース


札幌革職人館のオイルドレザーは、クロム鞣しの後にタンニン鞣しを施した、手間のかかるコンビネーション鞣しの革です。
鞣しの段階でオイルをたっぷりと時間をかけて染み込ませ、筋やシワがそのまま表れた素上げとなっているので、使い込むほどに革の色や手触りが変化し、深みが増していきます。
さらに幾重にも重ねられ、丁寧に施し磨かれた美しいコバは、強度を保ち、長くお使いいただけます。
使えば使うほどに愛着が湧き、傷までも歴史の一つと感じさせてしまうような気持ちになります。
そういう気持ちさせてくれるところも、革製品を持つ魅力の一つです。

大切なあのかたへ~プレゼントに魅力的なサービス

・ネーム刻印サービス・

特別なかぶせペンケースをぜひお楽しみいただきたいという思いを込めて、札幌革職人館では、対象商品のみ名前を刻印できるネーム刻印サービスを承っております。
名前が刻印されていることによりオーダーメイドのような特別感を演出できますので、大切な人へのプレゼントに大変おすすめです。

・ひとつひとつ心を込めて~無料ギフトラッピング・

高品質なかぶせペンケースだからこそギフトラッピングを無料でサービスしております。
ご主人様やご両親、友人など大切な人の特別な日のプレゼントに、ぜひご利用ください。専門のスタッフが心を込めてラッピングいたします。
イベント時期には季節限定のラッピングもご用意しておりますのでプレゼントに特別感も演出させていただきます。

札幌革職人館の経年変化を楽しめるかぶせペンケース

「手作りで丈夫な、あたたかみを感じられるモノを永く愛用していただきたい」
「本格的な革製品を手頃な価格で気軽に多くの人達に使っていただきたい」
そのような想いを込めて札幌革職人館は、国内工房の熟練職人による高品質な革製品をたくさん世の中に送り出してきました。

もっともっとこの革製品をたくさんの人達に使っていただき、「昨日よりも今日のほうがいい味わい。」
そんな革製品の楽しさを感じてほしいと考えています。


【名入れ可】札幌革職人館 かぶせペンケース